2019年5月16日木曜日

巨人8-13阪神(5月15日・東京ドーム)

なんか、えらい試合でした。
ジャイアンツに、13安打8得点もされたら、ふつう勝たれへんもんやけど。
今日の菅野は、おかしかったね。

初回の糸井のツーランにはじまって。
2回までで8安打5失点。
こんな菅野、見たことないなあ。

対するタイガース・岩田も、どうもすきっとしない。
ボールが高め。
ポツポツと失点していき。
4回には、菅野の内野安打で、ついに1点差。
5回を投げきることなく、マウンドを降りることに。

対する菅野。
3回、4回は三者凡退。
4回裏、自身のタイムリー内野安打で1点差となって。
こうなるとジャイアンツペースかなあ、と思ってたら。
福留に一発。
さらに6回には、木浪にも。
そして糸井の犠牲フライのあと、大山にも特大のツーラン。

ここで力尽きたか。

否。
その前に、木浪に一発を浴びたところで、交替のタイミングではなかったか。
遅くとも、その後の、代打高山へのフォアボールで、普通なら交替でしょう。
それを引っ張ってしまったね。
傷を広げてしまった。
まあ、おかげで、大量点につながったわけやけど。

エースを立てて、できるだけ引っ張ってしまったジャイアンツ。
(リリーフが手薄やからなあ)
リードしながら、危うくなったところでさっさと先発投手を代えたタイガース。
その差が出たか。

とにかく、最後まで点の取り合いで。
こうなると、出てくる投手、みんな変な具合になるのだろうねえ。
盤石のはずのジョンソンまでもが、三連打で失点してしまうし。
矢野監督じゃないけど、疲れましたわい。
これで、負けてたら、もっと疲れただろうけど。
勝ってよかった。
明日が休みで、よかった。休憩が必要な試合ですよ、今日のは。

2019年5月15日水曜日

巨人2-4阪神(5月14日・東京ドーム)

風邪を引いておりました。歳を重ねると、治りも遅い。
寝てるか、薬飲んでるか、テレビ見てるか。
つまり、野球は見ておった。

甲子園で、ドラゴンズ相手に1勝2敗。
負け越して、東京ドーム。
今季、いまだ勝ち星のないジャイアンツ戦。
ジャイアンツの貯金に、せっせと貢献しておる場合でないよ。
なんとか、一矢。

初っ端。
丸、岡本にタイムリーを打たれ、2点を追う展開。
ジャイアンツキラーじゃあなかったのか、青柳。
しかし、失点はこの回だけであった。
打たれても、走者を出しても、とにかく0点に抑えればよいのだ。

マルテのホームラン。
期待もせずに見ておったので、びつくりしたあ。
しかし、ジャイアンツ先発・高橋から得点できたのはこの一発だけ。
いかんなあ。
いやいや、よく見れば。
毎回、毎打者のように、フルカウントになっておる。
これは、5回ぐらいで100球超えよるよ。
そうなると、リリーフ出てくるよ。
そしたら、展開代わってくるよ、きっと。

と、そういう展開になってくれた(^◎^)
アダメス、戸根を攻略して、3得点。
代打北條、よお打った。
糸原、よお打った。

7回・ジョンソン。
8回・球児。
9回・ドリス。
今日は、救援陣にスキがなかった。
この順番、案外ハマるかも。
とにかく、一番いい打順になったところで、ジョンソン、ということになるかな。
かつての球児のようにね。
ああ、風邪もどうやら、快方にむかいつつあるよ。よかったよかった。

2019年5月9日木曜日

ヤクルト1-3阪神(5月7日)、ヤクルト7-7阪神(5月8日・神宮球場)

昨日勝って、今日も勝ったら、スワローズと同率。
で、昨日は、しつこく点をとって、投手陣が抑える、というパターン。
今日は先制して、あとは投手陣が抑える。
。。。。
はずだったのだがなあ。

岩田の危険球退場、から、話がややこしくなってきて。
まあそのあと、8回表に2点追加して。
5点差となれば、ジョンソン、ドリスを出すまでもない。
と、思ったのだろうなあ。
いや、わたくしも思いましたよ。

ところが。
リリーフした福永が、ワンアウトも取れずに2失点、降板。
慌てて登板したジョンソン。
気の毒な。
ヒットと犠牲フライで同点。

さらにドリスを2イニング引っ張って使い。
延長12回表、中谷のタイムリーで2点リード!
しかし、最後の島本が。
連投の疲れと、最後に投げる緊張があったんだろうなあ。
山田にホームラン。中村にタイムリー。
で、試合は引き分け。

いやあ、残念。
勝ててた試合だっただけにねえ。
ほんま、野球は何が起こるかわからん。
最後の最後まで。

疲れた~

2019年5月7日火曜日

ヤクルト4-2阪神(5月6日・神宮球場)

青柳で4連勝! とは、いかなかった。
まずはエラーがらみで(^◎^;)失点。

スワローズ若手一番手の村上のツーラン(^◎^;)
で、4失点。

いや、昨日までの勢いなら、4点ぐらい・・・・
というのは、甘かった。
相手エラーがらみで、2点を返すのがやっと。
チャンスで、もう一打がなあ。
いや、残念でした。

とはいえ。
青柳のあとを引き継いだリリーフ陣は、無失点。
福永、島本の若手陣+球児、能見のベテラン陣。
リードされている状態で出てくる投手陣のできが良い、というのは大事。
一方的な試合になれへんからね。
最後まで楽しく見られる。
最後まで。
最後。。。。
福留まで出てきて、楽しかったです。
楽しかった。
明日は、勝ってほしいな。

2019年5月6日月曜日

阪神7-5DeNA(5月5日・甲子園)

甲子園キッズデーで、3連勝。
ヒーローインタビューを、キッズ会員が担当する。というのも、3日間達成。
しかも、劇的サヨナラホームランで。

まあ、途中は、エラーとかいろいろあったらしいが(^◎^;)
5点取られても取り返せる、という強み。
今のタイガースはもってますな。

木浪のエラーとか、近本の途中交代とか(大丈夫か?)、心配事項はあるけれど。
今はチーム全体がまとまっているイメージ。
なにしろ、監督が楽しそうである(^◎^)
この元気が、いつまで続くか。いつまでも続いてほしい。

2019年5月5日日曜日

阪神5-1DeNA(5月4日・甲子園)

今日も、あまり真面目に見てなかったのですが。
ベイスターズ、投手陣が自滅してくれた、という感じですか。

3回は、フォアボール、デッドボールからの得点。
5回には、5四死球で、ノーヒットで2得点。
6回は、エラーから得点。

いや。相手チームのミスにつけこんで(^◎^;)点をとるのも、テクニックのうち。
ここらあたり、キャッチャー出身の矢野監督らしさのようなものも感じますな。

そして、近本。
今日も2盗塁ですか。
ヒットが出なくても、フォアボールでも、塁に出れば次の塁まで行ってしまう。
これは、各チーム、驚異になるでしょうね。
ますます楽しみが増えてきました。

2019年5月4日土曜日

阪神2-1DeNA(5月3日・甲子園)

あまりの天気の良さに、ふらふらと出かけておって。
帰ってきたら1-1の同点。
8回裏の攻撃は、無死2塁。
ここで近本はバントかあ。。打たせても面白いのになあ。
で、一死三塁となって、上本、糸原凡退で追加点ならず。

9回表。ピッチャー藤川球児。
今日は調子がよくなかったなあ。
ボールボールボール。
抑えが効かない感じ。
二死満塁、フルカウントまでいって、ハラハラしてしもおた。
なんとか無失点で切り抜けて。

9回裏は逆に二死満塁のチャンスで、代打・鳥谷は内野ゴロ。
なかなか決めきれません。

延長10回表は、能見-ジョンソンのリレーで切り抜け。
そして10回裏。
二死無走者から、糸原がフォアボール出塁。
そしてそしてそしてぇ!
大山の当たりはセンターオーバー!

今季初のサヨナラ勝ち\(^o^)/
勝利投手は、最後に2球だけ投げた(^◎^;)ジョンソン。

勝利の瞬間の、矢野監督のはしゃぎっぷりが嬉しかった(^◎^)
ほんまやったら、それまでに決めぃ! と言いたいところやけど。
こういう勝ち方は、勢いがつくわな。きっと。うん。きっと。そう思おう。